命にかかわるヘヴィな病気に向き合うための知識

予防する

治療を避けるために予防しよう

最近は、肺腺がんを発症してしまう人も多くなっています。そこで、もし発症して治療となると手術などが必要になり、大変になってきます。 そこで、なるべく予防をして、発症するのを避ける事が必要です。予防をするためには、工夫をして生活するようにします。 まずは、タバコの煙を吸わないということです。肺腺がんの原因の1つにタバコがあります。ただ、他の肺癌と比べるとそこまで大きな原因ではないです。 しかし、それでも原因の1つですので、タバコの煙には注意しなければいけないです。 他には、有害物質を含まないということです。大気中の有害物質を含みますと、肺腺がんになりやすいです。 ですので、大気が汚染している所はできるだけ避ける必要があります。

治療のための取り組み

肺腺がんの治療というと主に手術があります。しかし、この治療で大事になってくるのが、早期発見です。初期段階ほど完治できる可能性が高くなってきます。 ですので、肺腺がんの治療で大事になってくるのが、早期治療になってきます。 早期治療をしていくためには、できるだけ早く見つける必要があります。ただ、初期症状というのは、なかなか分かりづらいですし、気づきにくいです。 ですので、定期検査が必要になってきます。 1年に1回でもいいですので、検査を受けるようにしていきます。そうする事で、早期に発見できる可能性が高まります。 そうなると発症しても、早期治療ができて、完治できる可能性が高まりますので、あなたにとってプラスになります。