命にかかわるヘヴィな病気に向き合うための知識

How to Preventing Cervical disc herniation

腸の難病

腸を患う病気の中でも、難病指定を受けているヘヴィなものとしてあるのが、潰瘍性大腸炎。長く付き合っていかなければならない病気ですが、病院に行き、適切な治療を受ければ完治に近い状況にもっていけます。

詳しくはこちら

予防する

肺腺がんを発症してしまう人は、年々増えています。この病気になってしまうと、手術を行なうことになりますし、治療も大変な思いをすることになります。ですから、そういったことを避けたいというのなら予防できるようにしましょう。

詳しくはこちら

乳がん後の再建

病気によって失ってしまったものを、再建するという治療があります。乳がんの治療の一環として乳房を失ってしまった女性のために、その部位を再建するというのもそのひとつです。女性の心と身体を支えるための取り組みです。

詳しくはこちら

脳動脈瘤に向き合う

病院選びは安心信頼も大事ですが

もし家族や自分に脳動脈瘤の診断がされたら、どのような基準から病院を選んだらいいのでしょうか。脳動脈瘤の手術を取り扱っているのは大きな病院や専門の病院が主になってきます。できれば手術件数が多く信頼できる病院を選ぶことはもちろんですが、次に優先したいことは自宅から便利に利用できる位置にあるかです。脳動脈瘤の平均入院期間は未破裂動脈瘤でしたら1週間〜10日ほどです。その間、家族の支えが必要になってきます。術前後はもちろんのこと、手術中も家族は病院に待機しなければなりません。また、術後に駆けつける場合にも、近ければすぐに行くことができます。 入院生活に必要なものは、可能ならば使い捨てのものが好ましいです。いざ退院するときにすべての物を持って帰るとなると重労働ですし、病院では不特定多数の人が大勢いるため衛生的にもあまりよくありません。

脳動脈瘤の平均的な価格

脳動脈瘤の手術には3種類ほどありますが、行っている病院は限られています。また未破裂動脈瘤なら平均して1週間〜10日ほどの入院期間ですが、破裂後の動脈瘤では状態に合わせさらに入院期間も延びるでしょう。 未破裂動脈瘤の入院期間中にかかる費用は平均して総額250〜300万程です。自己負担額は年齢により異なると思いますが、3割負担の場合は75〜90万円程となります。医療保険に加入している場合は全額保険対象となることもありますので、加入している保険会社の項目を確認してみてください。 また、退院後も定期的な受診が必要になります。その際の費用はCT検査、血液検査、など込みで自己負担1万円程度になります。最初の半年は1ヶ月に1度ほどの受診期間になるでしょう。

ヘルニアの痛み

ヘルニアは痛みを伴うヘヴィな病気ですが、頚椎椎間板ヘルニアになってしまった場合には、その痛みと向き合い、これをしっかりと抑えるためのコルセットや薬などを利用することが出来ます。

詳しくはこちら